学校給食パートを辞めたい!辛い・疲れるは甘え?給食補助パートはすぐに辞めても大丈夫?退職理由は?

未分類
スポンサーリンク

学校給食の仕事は、人間関係、仕事が覚えられない、疲れる、仕事内容が辛い、などで辛いと感じる人は多いです。

1ヶ月~半年ほど勤務を続けると、仕事やスピードにも慣れてきますが、人間関係など解消されにくい悩みもあります。

また、『思っていた仕事内容と違った』、『辛いと思う原因が解消されない』こともあります。

私が働いていた給食室では、勤務開始から1ヶ月や数か月で辞める人も多く、1週間で辞めた人もいましたよ。

やれるだけやっても、疲れや辛さが改善されないなら、自分に合う仕事を探してみるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

学校給食パートを辞めたい

学校給食パートを辞めたい理由

学校給食の調理補助パートを辞めたくなる理由として、

  • 人間関係
  • 仕事が覚えられない
  • 体力がついていけず疲れる
  • 仕事内容が辛い

のいずれかが多いです。

給食調理のパートは一般的な飲食のパートと違い、ルールや作業内容も細かく、時間との戦い、重いものを持つ作業もあるため、仕事を始めて数日で辞めたくなる人も多いです。

私が働いていた職場では、短い人だと、1ヶ月たたずに辞めた方もいました。

在職期間は人それぞれ

私が働いていた職場の場合、勤務開始してから1週間程で辞めた方が最短でした。

他に1ヶ月、数か月など半年未満で辞めた方も多かったです。

だから、何年も働いているベテランパートさんの次に、2年程働いている私がいて、その下はいつも入れ替わり立ち代わりで、いつまで経っても私は下っ端の状態でした(笑)

退職日時もさまざま

通常、2週間~1ヶ月前に退職の旨を伝えることが一般的ですが、即日で退職した人もいます。

体調不良など致し方ない理由の場合は、2週間を待たずして、退職していました。

主な退職理由

パートさんが辞める時の退職理由は、親の介護、体調不良、重い病気が判明した、旦那さんの転勤などのほか、『職場に行くのが辛い』というメンタル的な理由で様々です。

スポンサーリンク

疲れるから辞めたい時

給食パートの仕事を始めた数日は、作業の流れに付いていくだけでヘトヘトになります。

作業内容は細かくて覚えることはたくさんだし、野菜カットや洗浄作業など量も多いので、休む暇もないんですよね。

給食パートを始めて数日の場合、1~2ヶ月ほど勤務すると、体力がついて体が慣れてきますよ。

作業時間内に自分の当番の仕事も、最初の頃ほどの疲れもなく、終わらせられるようになってきます。

 

ただ、数か月~7ヶ月目以降も働いてみても、『どっと疲れる』『体がついていけない』という場合、作業内容や作業ペースが体に合っていないのかもしれませんよね。

疲労が溜まって、体調不良になったり、心がストレスを感じる可能性もあるので、給食の仕事を辞めるかじっくり考えてみるといいですよ。

スポンサーリンク

辛いから辞めたい時

学校給食の仕事で辛いと感じるのは、人間関係か作業内容ではないでしょうか。

人間関係が辛い場合

女性が大半の職場なので、人間関係のトラブルが発生することがあります。

また、限られた時間内に全て終わらせるという環境のせいか、言葉が荒々しかったり、口調がきつくなるパートさんがいることもあります。

 

私が働いていた給食室でも、仕事内容よりも人間関係が辛くて、辞めてしまった人はいます。

『ちょっとしたことでも注意じゃなく、怒鳴られる』『同じ質問をすると怒られるため、怖くて聞けない』など理由は色々でした。

人間関係の場合、長く働いたからといって、解消される問題でもないので、仕事を変えることも考えてみるといいかもしれませんね。

仕事が覚えられなくて辛い

給食の仕事は、ルールが細かく、作業工程も細分化されています。

また異物混入や給食の安全性、衛生環境などから、覚えることはとても多い職種です。

他のパートさん等から教えてもらったことを覚えるなら、教えてもらったことはノートにしっかりメモするといいですよ。

 

家に帰ったら、清書用のノートに、まとめ直します。

その日の作業内容を頭の中に思い浮かべながらまとめると、理解しやすくなると思います。

仕事中はメモ用、清書用、2冊のノートを持ち歩いて、作業の確認は清書用のノートを使っていました。

 

特に給食の仕事を始めたばかりの頃は、情報量が膨大で、何を聞いてるのかも全く分からない状態だと思います。

疲労も貯まっていると思いますが、家に帰って復習すると、作業内容を理解しやすいです。

やれるだけのことはやったが仕事が覚えられない、という場合は、転職も考慮してみてはいかがでしょうか。

作業のペースが辛い

給食調理の仕事は、時間との勝負な部分があります。

そのため残業がないのは、魅力の一つです。

入ったばかりの頃は訳も分からず、流れについていく感じなので、体力的にも辛いです。

1ヶ月くらい働くと、全体的な作業の流れも掴めてきます。

 

ただ、マイペースに仕事がしたい人、スピード感や臨機応変に動くのが難しい人には、苦手な環境かもしれません。

自分のペースに合った仕事を探してみるのもいいかもしれないですね。

作業の量が辛い

自校式の給食室の場合、数百人~1000人程度の給食を作るため、作業の量も多くなります。

野菜の洗浄・カット、配缶、調理補助、食器の洗浄など、各作業のボリュームがすごいですよね。

半年くらい勤務すると、だんだんコツが掴めてきて、大量のお皿も時間内に終わらせられるようになります。

スポンサーリンク

補助パートはすぐに辞めても大丈夫?

なるべくなら、2週間~1ヶ月くらい前に、職場に退職の意思を伝えるのがいいです。

パートの募集したり、他の現場から人を連れてきたり、人数の補充をする余裕が職場側にもできるからです。

 

けれど、心身の不調など急を要する理由の場合、すぐの退職も可能です。

大切なのは、辞めたい日時をしっかり伝えること。

あやふやに言うと、『あと○ヶ月だけお願い』『次の人が決まるまで頑張ってほしい』などと、引き延ばされる可能性もあります。

スポンサーリンク

退職理由の例

退職の旨を伝えるの、退職理由の例文をいくつか挙げるので、良かったら参考にしてくださいね。

私が働いていた給食室で、実際に聞いた対象理由も載せてます。

介護が理由の場合

  • 親の体調不良が思わしくなく、介護と実家の手伝いをすることになった
  • 病気(又はケガ)で入院することになり、身の回りの世話をすることになった

体調不良

  • 1ヶ月ほど前から体調を崩し、病院に行ったら安静を勧められた
  • 大きな病気で治療が必要になった
  • 体調不良で、頭痛が止まらず仕事が困難になった
  • 腰を痛めてしまい、長時間の立ち仕事が難しくなった

家族の都合

  • 夫の転勤が決まった
  • 子供が病気(又はケガ)を患い、看病や世話が必要になった
  • 子供が学校に行けなくなり、一人で留守番させることができない

自分の都合

  • 勉強したいことがあり、学校に通うことになった
  • 資格を取得したため、別の業界への転職が決まった

メンタルが原因

  • 仕事のプレッシャーが強く、布団から起き上がれなくなってしまった
スポンサーリンク

まとめ

学校給食の仕事は、ハードな面もありますが、時間とともに慣れてくる部分もあります。

けれど、人によって辛く感じる理由は様々です。

やれるだけやってみても、改善されないなら、思い切って退職を考える必要もあると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました