ティファールの焦げ付きの落とし方と内側・外側・底の復活方法、焦げ付かない使い方を紹介。フライパンの焦げの取り方とは?

生活
スポンサーリンク

ティファールの内側の焦げ付きを落とすなら、基本は水と中性洗剤を入れて沸騰させて落とします。

落ちない場合は、重曹と水で煮沸する、重曹ペーストで洗うなどの方法もあります。

汚れ落とし専用のグッズなら、『油汚れ落とし119』もコゲや油汚れを落としやすいです、

ティファールでは、アルカリ性のものを使用するのは、あまり薦めていません。

もしアルカリ性のグッズでコゲを落とす場合、使用後にしっかり水洗いしてよく拭くよいいですよ。

スポンサーリンク

ティファールの焦げ付きの基本的な落とし方

ティファールの鍋やフライパンを焦がした場合、水と中性洗剤を用意してください。

水と中性洗剤を鍋やフライパンに入れて、5分程度煮沸します。

煮沸していると、少しずつ焦げが剥がれてくるので、最後によく水洗いしてくださいね。

スポンサーリンク

フライパンや鍋の焦げには重曹も有効

水と中性洗剤で焦げ付きが落ちない場合、重曹を使って落とす方法があります。

けれど、お酢などの酸性ものや、重曹などアルカリ性の素材は、なるべく避けた方がいいです。

酸性やアルカリ性のものは、テフロン加工にとって、腐食の原因になるんですね。

もし頑固な焦げを落とすために重曹を使うなら、焦げを落とした後に、中性洗剤で洗ってよく拭いてください。

スポンサーリンク

内側の焦げ付きの取り方

焦げ付いたフライパンや鍋に水と重曹を入れて、10分~20分くらいぐつぐつ煮ます。

重曹を使う量ですが、水コップ1杯分に対し、重曹大さじ1を目安にしてみてくださいね。

焦げ付きによっては、量を多くしてみてください。

 

気を付けてほしいのが、重曹をいれるタイミング。

沸騰したお湯に重曹を入れると、吹きこぼれて危険なので、水の段階で重曹を入れた方が安全です。

 

重曹水を煮沸していると、炭酸ガスの効果で、少しずつ焦げが剥がれてきます。

煮沸後は、鍋やフライパンの底に残った焦げ付きを、中性洗剤を付けたスポンジでこすってみてくださいね。

焦げ付いたら、なるべく早く落とすのが、焦げをキレイにとるポイントです。

スポンサーリンク

外側や底の復活方法

鍋やフライパンの外側や底の洗い方には2つの方法があります。

沸騰した重曹水に浸ける

コゲを落としたい鍋やフライパンより、一回り以上大きい鍋やフライパンを用意します。

水と重曹を入れ、鍋などの外側や底面を浸します。

重曹水を沸騰させたら、20分くらい、煮沸してコゲを落とします。

煮沸後は、中性洗剤を付けたスポンジで擦り落とします。

 

重曹ペーストで落とす

とはいえ、大きいフライパンや鍋の場合、さらに大きいフライパンなどを準備するのは、ちょっと大変ですよね。

その場合、焦げで汚れた部分に重曹ペーストをつけて、スポンジで擦る方法もあります。

 

油汚れ落としジェル119を使う

鍋やフライパンの底面の汚れにジェルを付けて、ラップパックをすると、油汚れや焦げ付きがジェル状に溶けて、取りやすくなります。

 

使ってはいけないもの

焦げ落としはできるのですが、ナイロンたわしや研磨剤入りの汚れ落としなどは、テフロン加工の表面に傷を付ける可能性があります。

また、鍋やフライパンの底や外側は、テフロン加工にはなっていないものの、表面の塗装が傷つく可能性もあります。

大切な調理器具に傷を付けたくないなら、スポンジで汚れを落とす方が安全です。

スポンサーリンク

ティファールが焦げ付かない使い方

せっかく汚れを落としたら、今後は焦げ付かないよう、きれいに使いたいですよね。

フライパンや鍋を焦げ付かないような使い方を紹介します。

汚れをしっかり落とす

洗い方が不十分だと表面に汚れが残り、焦げ付きの原因になります。

テフロン加工が剥がれたら買い替える

表面のテフロン加工が剥がれた部分には、食材がこびりついて焦げ付きやすくなります。

テフロン加工が剥がれたら、買い替えも考えてみてください。

調理中に料理の汁気や調味料のハネに気を付ける

加熱中にフライパンの外側に、料理の汁気や調味料が垂れたり、ハネると、コンロの火で焦げてしまいます。

また調理後にお皿に料理をうつすときに、垂れた汁気が、フライパンの余熱で焦げ付くこともあります。

フライパンや鍋の周りに、液体が付いたときは、なるべく早く拭き取るようにしましょう。

コンロが汚れている

コンロ自体が汚れていると、フライパンや鍋の裏側に汚れた付着し、加熱によってこげ付きに変化します。

定期的にごとくやIHの清掃をしましょう。

調理後に拭き取るだけでも、焦げ付きの可能性は減らせます。

火力が強すぎる

ティファールの調理器具は、中火程度で充分、熱が伝わります。

強火にすると、フライパンや鍋の温度が高くなりすぎて、食材が焦げる原因にもなります。

スポンサーリンク

まとめ

ティファールの焦げ付きを落とすときには、まず中性洗剤と水で試しましょう。

それでも落ちなかったら、重曹や油汚れ落とし119などで試してみてください。

重曹も油汚れ落とし119もアルカリ性のため、ティファールでは、あまり使用を勧めていません。

使ったら、必ずしっかり水洗いして、よく拭いてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました