ガーベラ鉢植えの寿命と花持ち期間。ぐったりしたときの対策、室内の育て方、冬越し、植え替え、肥料も紹介

野菜・植物
スポンサーリンク

ガーベラは多年草なので、何年も開花を楽しむことができます。

花自体の寿命は1~2週間程度です。

 

咲き終わって枯れた花は、花茎ごと摘み取ることで、次々新しい花を咲かせることができます。

開花期(3~5月、9~11月)の間は、リンを含む肥料を切らさないようにするのが、開花のコツ。

ハイポネックス原液なら水で薄めるだけなので、すごく簡単ですよ。

スポンサーリンク

ガーベラの鉢植えの寿命と花もちの期間

ガーベラの鉢植えの寿命

ガーベラは多年草なので、きちんとお世話をしてあげれば、何年も開花を楽しむことができます。

花の寿命は1~2週間程度です。

ガーベラの花もちを長持ちさせる方法

枯れた花はすぐに摘み取る

ガーベラは開花期の間、次々に花を咲かせる植物です。

咲き終わって枯れた花は、花茎から摘み取ってください。

種ができると、養分が取られてしまい、他の花や蕾に影響が養分が行き渡らず、開花に影響が出ます。

開花期には肥料を与える

ガーベラの開花期には肥料がかかせません。

ハイポネックス原液なら、水で薄めるだけなので簡単です。

10日に一度くらいで充分なので、水で薄めたハイポネックスを与えると、より開花を長く楽しめます。

日光に当てる

日光に当たらないと、葉だけが成長して、花が咲かないこともあります。

直射日光だと強すぎることもあるので、日当たりのよい半日陰で半日以上、日光浴できるといいですよ。

花もちを長く楽しむなら、

  • 枯れた花は花茎から摘み取る
  • 肥料を欠かさない
  • 日光に当てる

以上3点に気をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

ぐったりしたり、しおれる時の原因と対策

ぐったりする原因

  • 土の表面が乾いていて、たっぷり水やりをしても回復しない
  • 土が湿った状態が長く続いている

このような場合、ガーベラの根が傷んでいたり、根腐れ、根詰まりの可能性があります。

根傷み・根腐れの場合

ガーベラは水はけの良い土を好みます。

水のやりすぎで常に土が湿った状態が続くと、土の中の酸素が減る、多湿でジメジメする状態が続き、根が傷んだり、根腐れを起こしやすいです。

土から根を優しく掘り返し、根の状態を確認してください。

根が悪くなっている部分を確認し、取り除いたら、新しい土を用意して、植え替えしてみてください。

根詰まりの場合

ガーベラの根は、とっても成長が早いです。

一年経つと、根が成長して鉢の中でぐるぐる、とぐろを巻いてしまいます。

土の中に根が詰まってしまうと、土が水分を吸収できず、根から水分を吸収することができないため、地表部が水分不足に陥ります。

根っこごと鉢から取り出し、一回り大きい鉢に植え替えてあげましょう。

スポンサーリンク

室内での育て方

ガーベラの鉢植えを室内で育てる場合に、とても大切なのが日光です。

日光が当たらなければ、開花せず、葉っぱだけが徒長します。

日当たりのいい窓辺などに鉢を置いて、半日以上日光浴をさせると花付きがよくなります。

 

夏場の直射日光は枯れる原因になります。

レースのカーテン越しの日光浴がおすすめです。

スポンサーリンク

夏越し・冬越し

夏越し

真夏の暑さは、しおれたり枯れる原因になります。

30℃以上になったら、日当たりのよい半日陰で鉢を管理してください。

 

水は朝夕2回、涼しい時間帯に与えると水不足の解消になります。

ただし、土の表面が湿っている状態なら、様子をみて水やりしてくださいね。

冬越し

冬の寒さや霜はガーベラが嫌がるので、冬の間だけは室内に移動するといいですよ。

日当たりのよい窓辺などに置いてあげてくださいね。

 

外で冬越しする場合、気温が0℃になると。ガーベラは葉を全部落として休眠モードに入ります。

霜に当たると枯れてしまうので、園芸用の不織布カバーなどで霜除け対策してあげるといいですよ。

 

室内でも外でも、土の表面が乾いたら、日中の暖かい時間に水を与える程度で大丈夫です。

水を与えすぎると、根腐れの原因になります。

スポンサーリンク

植え替えや肥料、水やりについて

鉢植えの植え替え

植え替えする場合は3月、9月の花が咲く前に済ませます。

植え替えする時に、株分けも一緒に行うといいですよ。

 

植え替えする時には、根っこの周りの土を軽く落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

注意してほしいのが、植え替えの時に根を傷つけないようにすること。

根っこに傷が入ると根が傷んで病気になったり、土中の養分・水分を吸収できずに、枯れてしまう原因になります。

肥料

開花には肥料が必要

ガーベラは肥料切れを起こすと、花が咲かなくなる場合があるので、肥料切れには気をつけてください。

また、与える肥料の量が多すぎると、肥料やけを起こして、根が傷む原因にもなります。

与える肥料の種類

開花に必要なリンが含まれる肥料を与えます。

ガーベラは葉が多すぎても、花が咲きません。

葉の生長を促すチッ素を含む肥料は、与えない方がいいです。

鉢植えの場合、開花期の間、10日~14日ごとに液体肥料を与えましょう。

水やり

土の表面が乾いたら、たっぷり水やりをしましょう。

夏場の暑い時期は、土の乾燥をチェックして、小まめに水やりをしてください。

1日2回、朝夕の涼しい時間帯に与えましょう。

 

冬に休眠状態に入る場合は、ほとんど水を必要としません。

土が乾いたら、暖かい日中に、たまに水やりする程度で大丈夫です。

スポンサーリンク

まとめ

鉢植えのガーベラの場合、日光・肥料に気を付けてあげると、何年も開花を楽しむことができます。

すぐに大きくなるので、1年ごとに植え替えも忘れず行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました