フローリングが髪の毛だらけ!おすすめの掃除方法。コロコロ・掃除機・100均の対策など色々試した結果を紹介

生活
スポンサーリンク

人間の髪の毛は、1日50~100本程度落ちるので、同居家族が多いほど、床に落ちた髪の毛量も多くなります。

フローリングの掃除の間隔を空けるほど、フローリングは髪の毛だらけになっていきます。

 

ヘアネットなどですっぽり覆わない限り、髪の毛を落とさないことは無理。

少しでもストレスのない掃除方法を見つけて、小まめに掃除するのがおすすめです。

色々試した結果、私の場合は、ダスキンのレンタルモップにしてから、床掃除の手間やストレスすごく減りました。

スポンサーリンク

フローリングが髪の毛だらけになる理由

1日に抜ける髪の毛の本数

フローリングにいつも髪の毛が散らばっているのは、人間の髪の毛は24時間抜け落ちるから。

私がお世話になっている美容師さんの話では、毎日、1人当たり50~100本の抜け毛があります。

季節の変わり目や頭皮の状態によっては、もっと抜け落ちることもあります。

 

同居している家族の数が多いほど、ふローリングに落ちる髪の毛の数は、多くなるんですね。

髪の毛は1度に大量に抜けるのではなく、1日かけて少しずつ抜けるため、フローリング掃除しても、すぐに髪の毛が落ちている状態になるわけです。

一人暮らしの場合

一人暮らしの場合、床掃除の間隔が空けばあくほど、フローリングは髪の毛だらけになります。

小まめに床の掃除をすることが、フローリングをキレイに保てます。

スポンサーリンク

フローリングに髪の毛が落ちるのを防ぐことはできるのか

美容師さんに聞いたら、『髪の毛が抜けるのを防ぐことは無理』と言われました。

家の中に髪の毛を落としたくないなら、工場などで被るヘアネットや帽子を被るしかない、とのことでした。

結局、床に落ちた髪の毛をなくすには、小まめに掃除をするのが一番なんですね。

スポンサーリンク

おすすめの掃除グッズ

一日に何度も床掃除するの面倒だから、手間なく落ちている髪の毛を処分できたらいいですよね。

私は、フローリングシートや雑巾、ほうき、掃除機など、いろいろ掃除用品を試してみました。

その中で一番、フローリング掃除が楽だったのがダスキンのレンタルモップでした。

 

ダスキンモップの場合、髪の毛に気づいたらモップで髪の毛を絡めって、一緒にレンタルしているクリーナーに、ゴミを吸わせるだけなんです。

 

汚れたフローリング掃除シートをいちいち取り外して、ゴミ箱に捨てる手間も、

残ったごみを箒とチリトリで集めることも、

掃除機のコードをコンセントに挿す手間も、

なんにも面倒なことは必要なく、髪の毛が落ちている場所だけモップ掛けすればいいので、とにかく楽です。

 

どんな掃除グッズでもいいので、デザイン、使い勝手、手軽さ、など、床に落ちている髪の毛を見つけても、すぐ掃除したくなるような、掃除グッズを見つけるといいです。

スポンサーリンク

コロコロの面倒な理由

フローリング用のコロコロありますよね。

柄の部分が長いタイプで、フローリングの掃除をしていたこともあります。

 

割と小さめの部屋なら、フローリング用のコロコロでも髪の毛を取ることができます。

 

けれど、リビングダイニングなどある程度の大きさの部屋の場合。

すぐ吸着力がなくなるため、

しょっちゅう掃除を中断→汚れたシートを剥がす→掃除→中断→汚れたシートを剥がす

の繰り返しがストレスになり、毎日の掃除がだんだん億劫になってしまいました。

 

その点、ダスキンのモップは中断の必要がないから、掃除が億劫ではないんですね。

スポンサーリンク

掃除機で選ぶなら

私は、ハンディタイプ(コードあり、コードレス両方)、キャニスタータイプ、ルンバの3種類を使いました。

フローリングの髪の毛をこまめに掃除するなら、

  • ハンディタイプ(コードレス)
  • ルンバ

が便利でした。

 

ハンディタイプ(コードレス)が一番よかった点は、気になった場所だけすぐに掃除ができる点。

同じハンディタイプの掃除機でも、コードありだと、コードをコンセントに脱着する手間がかかります。

また別の部屋に行くにも、一度作業を止めて、コンセントを抜かないといけませんよね。

 

ルンバはボタンを押すだけで、勝手に掃除をしてくれるので、掃除の手間がかかりません。

ただし、お部屋全体を掃除するのにはすごくいいんだけれど、ピンポイントで希望する場所のみ掃除してもらうのはできないです。

あと、ルンバが起動している時は、モーター音?掃除の音?はします。

小まめに髪の毛を取り除くために、1日に何度か、音を聞きながら生活するのが苦ではなければ、問題ないです。

 

ダスキンのモップの場合、当たり前ですが音はしないので、真夜中だろうと掃除できるのが、とても便利です。

スポンサーリンク

コストがかからないのは100均

100均グッズも、いくつか使ってみました。

コロコロ、モップ、クイックルシートなど、スーパーやホームセンターなどで売っている掃除グッズと変わらないです。

コストを考えたら、一番安くフローリング掃除をすることができます。

 

その点、ダスキンは、モップ・ハンディモップ・モップクリーナーの3点セットで毎月1,990円だから、コストで比較したら負けます。

フローリング掃除が苦じゃなければ、100均で安くお掃除道具を揃えておくと、いつもで好きなときにお掃除できて便利です。

スポンサーリンク

まとめ

床掃除はしたくない、髪の毛は落としたくない、なら家にいるときはヘアキャップ被っておくといいと思います。

そうでなければ、床掃除の手間を減らす工夫をして、なるべく掃除のストレスを減らすようにしてみてはいかがでしょうか。

ダスキンモップ、お試しレンタルができるから、興味あれば一度使ってみてほしいな~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました