カンドゥーのカッチンで買えるものや使い方。有効期限や銀行への預け方、ショップの内容も紹介。

おでかけ
スポンサーリンク

カッチンは、カッチンショップでオリジナルの文房具や雑貨、おもちゃを買うことができます。
価格は30,000カッチン~数百万まで幅広いです。

半日遊んで得られるカッチンは6万~8万円位です。

その他、ボディ・ペイントやワークショップでも使用することがあります。

カッチンは銀行への入出金も可能で、有効期限はありません。

スポンサーリンク

カンドゥーのカッチンで買えるもの

カンドゥーのカッチンで買えるものは、カッチンショップ(インフォメーションセンター)で販売されている商品です。

3万カッチン程度のグッズから数百万カッチンのオモチャまで揃っています。

 

販売されている商品は、消しゴム、鉛筆、ノートなどの文房具、缶バッジ、ぬいぐるみなどのカンドゥーオリジナルグッズの他、一般のおもちゃ屋さんに置いてあるようなラジコンカー、メイキングトイ、変身グッズのようなおもちゃも選ぶことができます。

ぬいぐるみやラジコン、メイキングトイのようなおもちゃは高価なので、80万カッチン~になります。

 

カンドゥーのお仕事体験で一回でもらえるお金は、だいたい15,000カッチンくらい。

高額なおもちゃを買う為には、何度も通ってカッチンを貯める必要があります。

 

何個のお仕事を体験できるからは、込み具合によるけれど、だいたい4~5個くらい経験できればよいので、1日に貯まるカッチンは、6万~8万カッチンくらいです。

うちの子は、カッチンを使いたがるので、毎回、ちっちゃい玩具を購入しています。

スポンサーリンク

ショップはどんな感じ?

カッチンショップは、総合インフォメーションセンターと兼用となっています。

6畳くらいの店内には、壁際にグッズが並んでいる感じです。

グッズの種類はそんなに多くはありません。

 

けれど、入れ替わり時間や閉園時間の間際は、混雑することもあります。

アクティビティの合間に、一度お店を除いて、欲しいお土産の候補を決めておくと楽ですよ。

スポンサーリンク

買い物以外の使い方

カッチンショップでの買い物以外に、カッチンが使える場所は次の通りです。

ワークショップ

ワークショップは、季節ごとに工作やモノ作りなど、子供達が楽しめそうな体験をすることができます。

1回体験するのに、30,000カッチンかかりました。

季節限定のイベントもあるので、毎回同じ工作というわけではなかったです。

 

アクティビティの空き時間が短いと体験できないし、混んでても体験できないため、タイミングによっては参加できずに終わることもあります。

お子さんがワークショップに参加したいか早い段階で決めて、アクティビティの空き時間を確保したほうがいいです。

ボディ・ペイント

女の子に人気なのが、ボディ・ペイントです。

ペイントしてくれる女性が少ないのと、一人当たり15分程度の時間が必要なため、待つことがあります。

並ばないといけないため、アクティビティの空き時間がうまく合わなくて、娘は諦めたことがあります。

やはり最初にお子さんにボディ・ペイントをやりたいか聞いて、空き時間の調整をするのがいいです。

 

あと、空いていたら、すぐやってしまった方がいいです。

ついさっきまで空いてたのに、気づいたら60分待ち・・・ということが何度かありました。

スポンサーリンク

カッチンの有効期限

カッチンには有効期限はありません。

紙幣のデザインは当初から変わっていません。

うちの子たちは、現金を毎回現金を持ち帰り、次に行くときに、また全額持っていきました(笑)

札束を持ち歩いている感覚が、子供心にお金持ち気分になれるんでしょうかね。

けれど、以前発行されていた市民カードでカッチンを入金していた場合は、期限切れで、払い戻しを受けることができなくなっています。

スポンサーリンク

銀行への出し入れ方法

カンドゥーQRカードを使って入出金できる

カンドゥーの中には、アクティビティ用のイオン銀行が入っています。

カンドゥー入場の際、子供にはカンドゥーQRカードが渡されます。

銀行の窓口で口座開設を行うと、カンドゥーQRカードを使って、イオン銀行でカッチンの入出金を行うことができます。

対応外の時間帯もある

気を付けてほしいのが、いつでもイオン銀行が使えるわけではないということ。

銀行員の窓口業務を体験できるアクティビティも行っているため、アクティビティの時間は利用できないんですね。

また、入れ替わり時間や閉館時間の間際は並ぶこともあるので、早めに手続きしたほうがいいです。

電子マネー機能もついている

カンドゥーQRカードには、電子マネー機能も付いています。

だから、カッチンを使う時にわざわざ出金する必要がないんです。

利子が付く

銀行への預け入れなので、貯めれば貯める程、利子もつきますよ。

次も行く予定があるなら、持ち帰らずに入金したほうがお得ですね。

スポンサーリンク

まとめ

カッチンの使い道は、お土産、体験などいくつか使える方法はあります。

けれど、ワークショップやボディ・ペイントとタイミング合わないと、せっかく稼いだカッチンを使えずに終わってしまう可能背もあります。

空いてるときは後回しにせず、どんどん利用するといいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました